北上市技術交流センター

北上工業クラブについて

主催・関連イベント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族ロボット教室開催

 株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ主催、北上市と北上

工業クラブ共催の家族ロボット教室は、3月15日(土)、北上市技

術交流センターで開催されました。

 

 午前の部は16組、午後の部は10組が参加。

主催者のスタッフに加えて、県立大学や一関高専、NPO法人な

どの協力者も加わって開催されました。

 

 ロボットは、レゴ社(デンマーク)のマインドストームといわれる

もので、最初にロボットを組立て、これに走行のプログラムをイン

ストールし、テスト走行、そして最後に走行レースを行うというもの。

 

 参加した子どもたちは、北上市内の小学3年~6年生。説明を

聞いた後、すぐに組立て作業に取りかかり、パソコンを駆使して

情報を入力しました。同席した親の方は、ほとんど子どもの作業

を見守るだけでした。

「とっても楽しく、あっという間に時間がすぎてしまった」と参加者は

喜んでいました。ロボットを作り上げた子どもたちは、満足そうな様

子でした。

 

 富士通社のロボット教室は、3.11震災復旧を目的に各地で開

催され、今回が24回目。北上市では2年前に開催され、今回が2

回目となりました。

 

写真説明(上から順に)

◆交流センターの会場に集まった参加者

◆さっそく組立て作業が始まった

◆パソコンを使ってデータを入力する

◆走行テストをして、さらに機能アップをねらう

◆さあ、いよいよレース、走行時間を競う

◆午前の部トップの佐藤龍平君(南小3年)

◆午後の部トップの八重樫瑠偉君(黒沢尻北小6年)

◆午前の部の全員集合

◆午後の部の全員集合

 

 

 

 

上に戻る